都市と娯楽  開港期〜1930年代

奥須磨子・羽田博昭編
日本経済評論社
2004年初版 (定価4,200円)
状態:B(背ヤケ),帯

『寄席・芝居・百貨店・競馬・郊外行楽は近代以降急速に発展する。
都市とその近郊に住む人々の生活とともに都市の娯楽は質的・空間的にどのように変化したか』
「娯楽移入窓口としての横浜居留地・開港場横浜/本田仁禮士」「大衆娯楽としての競馬/杉本竜」「もう一つの首都圏と娯楽 〜植民地競馬場を中心に/山崎有恒(34頁)」他
販売価格 SOLD OUT
売切れ

Top