競馬放浪記

新橋遊吉
双葉新書
1980年18版 (定価600円)
状態:B

『世の中がまだ戦後の混乱期であった頃、俗にボロ菊をよばれていた大阪の菊花高校は、風紀が乱れに乱れ、不良生徒の溜まり場であった。授業料の使い込みは勿論のこと、飲酒、ヒロポン、女郎買いと、その悪はとどまるところを知らなかった――。
 その菊花高校の生徒戸上正人が、悪友春名に誘われ競馬に手を出したのは17歳の秋だった。サラブレッドの美しさと競馬の醍醐味は惹かれた正人は、急速に馬券にのめりこんでいくが……。
 昭和24,5年、トサミドリ、トキノミノル全盛の頃、思春期を迎えた正人の無頼にして充実した日々を描く、青春競馬小説』
販売価格 1,000円(内税)
購入数


Top