場外の王者

黒岩重吾
講談社ロマンブックス
1978年初版 (定価640円)
状態:B(少しシミ)

『ギャンブルとしての競馬の魅力に取りつかれた有峯卓二は、競馬専門紙「競馬勝利」の記者として業界ではかなり名が通っている。有峯は京都競馬場の特別席で中穴の特券20枚を買い、見事的中させた佐伯麻衣子という女に近づいていった。その有峯に「麻衣子は危険な女だ。手を引け……」と、脅迫電話が掛かってきた。その電話の相手を探ることを条件に麻衣子は有峯に身体を与えるという。有峯は麻衣子の謎を秘めた美貌に次第にのめり込んでいき、彼女の過去と現在を突っ込んで調べていくと、突然暴漢に襲われ、重傷を負う。脅迫者の正体はいった誰なのか?』
販売価格 800円(内税)
購入数


Top