馬券師渡世 太平・大勝負の巻

新橋遊吉
グリーンアローブックス
1973年初版 (定価450円)
状態:B

『正月を京都で過ごした間垣太平は、一目惚れの舞妓雛菊ことマリーの肉体と百万円を賭けてボウリングの特訓。そこで知り合った大馬主の令嬢加代に乱交パーティーに誘われるなど相変わらずのモテよう。ハイセイコー・ブームに沸く中山競馬場では福島飯坂温泉の芸者鈴香に再会して、夫婦気取りのゆう子をチョロまかして関西旅行としゃれ込んだ……。だが、太平の心中は、怪物ハイセイコーを、皐月賞、ダービーで採るべきか切るべきかだけで一杯であった。ゆう子がハイセイコー一辺倒であるだけに、余計に思いは乱れのであった―』
販売価格 1,200円(内税)
購入数


Top