馬券師と女神

新橋遊吉
桃園書房
1973年3版 (定価480円)
状態:C(地大きくシミ・その他少しシミ)

『すっかんぴんで上京してきた笹倉小次郎は、恋人律子がバク運の女神のごとくで、一発勝負で大金を得る。ふところに金があるというのはいい気分のもので、だから身の破滅とわかっていながら、どうも浮気の虫がムズムズとうごめくのだ』
販売価格 SOLD OUT
売切れ

Top