競馬社会の戦後史

三木晴男
近代文藝社
1994年初版 (定価1,748円)
状態:B(天少しシミ)

「戦いに敗れて」「束の間の復活 −日本競馬会と中央馬事会」「国・公営競馬の時代 −昭和二十三年〜二十九年」「鳴尾から小林、仁川へ −阪神競馬場の創設」「騒動の元いろいろ −代表例を一つずつ」「中央競馬会創設のころ」「政治家 河野一郎氏」「クモワカとワカクモをめぐる人々」「連勝式馬券」「不祥事」「昭和三十年代」「シンザンの時代」
販売価格 SOLD OUT
売切れ

新着・再入荷


競走馬の生産と流通

3,000円(内税)


軽種馬生産の経済

6,000円(内税)


多摩史拾遺記

売切れ


Top