なぜ弱い関東馬

競馬を考えるシリーズ2

井上泰司・佐藤洋一郎・西山茂行・原良馬
ミデアム出版社
1993年初版 (定価1,165円)
状態:B(カバー少し傷)

『平成4年の勝利数、関西馬2,048勝、関東馬1,351勝、その差697勝。年々この差は開く一方。この現象に競馬ファンはいささかシラケ始めた。 「頑張れ関東馬」と言いたいが、馬が悪いんじゃない。目ざめよ、関東の厩舎人』
「数字で見る関東馬と関西馬の格差」「厩舎制度の現状について」「“坂路”がすべてか?」「勝利の鍵は“持ち乗り制”」「人が動けば馬が走る」「“不滅”の厩舎制度」「関東馬も強くなれ!」
販売価格 500円(内税)
購入数


Top