ミシシッピ・スキャンダル A Deadly Breed

キャロライン・バーンズ 訳/真木弥生
ハーレクイン・サスペンス・ロマンス
1989年初版 (定価602円)
状態:B(ヤケ・少しシミ)

『“競馬法案”がミシシッピ州議会に提出され、賛否両論で沸いている。法案の提出者は、切れ者でとびきりハンサムな上院議員のジェフ。競馬の合法化し、その収益で州の財政を豊かにするのが彼の目的だが反対派が法案の成立を阻止しようとして、多額の金をばらまいているらしい。敏腕で鳴る新聞記者のロニーは、上司の命令で州都ジャクソンに飛んだ。贈収賄スキャンダルのスクープを狙って、彼女はさっそく土地の有力者が催したダンスパーティに潜り込み贈賄の対象と目されるジェフと法案の反体派で、ジェフの師である法務長官のニールに接近する。だがパーティのさなかに突然停電し、鋭い銃声が3発…。その後の脅迫電話で、ロニーは狙われているのが自分だと知って驚く。事実、彼女は行く先々で命を奪われそうになる。ロニーは何か大がかりな事件の渦に巻き込まれてしまったのだろうか……?』
販売価格 400円(内税)
購入数


Top