[草稿]新橋遊吉 「身を捨ててこそ……」

新橋遊吉
状態:B

400字詰原稿用紙5枚。新橋遊吉専用箋使用。
『私は十八歳のときから、七年という歳月を病床で過ごした。』で始まる自身の肺結核闘病に関するエッセイ。『経済界 1978年8月8日号』掲載。おまけとして掲載誌の当該頁コピーをおつけします。
販売価格 20,000円(内税)
購入数


Top